LIFE STYLE

JALのPCR検査は格安1,980円!旅行・出張の新定番!

JAL PCR検査

最近、職域接種でコロナ予防でワクチン接種した人が増えてきているかと思います。

東京はコロナ感染者が減ったと思えば増えるし、緊急事態宣言が出ていて飛行機に乗って旅行どころではない。

そう思う人も多いですよね。

私もJALグローバルクラブに入るまでは、コロナの状況でこんなに飛行機に乗っていていいのかと心配でした。

そんな中で、今はJALでPCR検査を旅行の付帯サービスとして、無償ないし有償でも通常より安く提供しています。

搭乗1回につきPCR1回約2,000円で申込ができます。

また夏季限定でモニタリングもあるので、PCR検査を無償で受けることもできるので、PCR検査は費用として高いからそんなに頻繁に受けられないという人にとっても負担が軽くなってます。

JAL PCR検査

そんな旅行で気になるPCR検査に関してまとめてみました。

JALのPCR検査の申込はいくらから?

JAL PCR

そうです、まず貴なると言えば、PCR検査の費用です。

JAL国内線のチケット購入者に対して片道1回1,980円、もしくは2,500マイルでPCR検査を受けられます。

通常、PCR検査といえば、15,000円程度するので格安です。

ちなみに私ならここで2,500マイルは消費しません。

なぜなら、現金で払った方が安いからです。

また、出発前、帰着後の2回PCR検査を受けて安心して出張、旅行をしたい方の場合は、先ほどの金額の倍になります。

いずれにしてもワクチン接種前の方はPCR検査の申込をして飛行機に乗れるので安心かと思います。

JALのPCR検査サービスはにしたんクリニックと提携

JAL PCR検査

PCR検査のサービスはCMでもおなじみのにしたんクリニックが提携してます。

PCR検査といえば、にしたんクリニックとすでに私は頭に刷り込まれてますが、美容クリニックの1つです。

PCR検査の需要が高まるということでいち早くテレビCMをうってPCR検査の対応窓口に入ったのはすごい勘所と判断力だと話はそれますが感じますね。

JALのPCR検査は7日前までに申込が必要

JAL PCR検査

PCR検査に関しては、出発7日前までに申込が必要です。

一部離島の場合は、検査キットが届くのに1週間程度かかったりするとのことなので、早めに申し込みをしましょう。

7日前までに申し込みをしないとPCR検査を格安で受けることができなくなるので、注意が必要です。

JALのPCR検査は特典航空券の場合でも申込可能

JALのPCR検査ですが、特典航空券を使う場合でも付帯サービスとしてつけることができます。

よく特典航空券の場合は、通常のクレジットカード購入と違ってサービスに制限がかかると思う方もいるかと思います。

ただし、今回のPCR検査に関しては特典航空券の場合であっても1回1,980円で申込可能です。

JALのPCR検査は夏季期間中(7月20日~8月31日ご搭乗分)は無料モニタリングあり

最近、街中でもどの程度市中感染があるのかだとかを調べるために、無料でPCR検査キットを配布しモニタリングをしている場合があります。

JALでも、夏季期間中(7月20日~8月31日ご搭乗分)に関しては、PCR検査を無償で受けることができます。

羽田・成田・伊丹・関西・福岡空港から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者のうち希望者に対して実施するものになります。

こちらも事前予約が必要になってきますので、下記サイトから申込が必要です。

https://corona.go.jp/passengers_monitoring/
「羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査」のサイトへ移動します。(提供:内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室)

仮にチケットをキャンセルした場合は?JALのPCR検査はどうなるの?

ふと、仮にチケットを急遽キャンセルした場合はどうなるのか?と思いましたが、こちらに関しては情報が不明です。

このコロナ禍であれば、チケットを直前でキャンセルしても、手数料が掛からないのでその場合は事前に届いたPCRはどうなるのか?と思いましたが、その点に触れている記事はなさそうです。

JALのPCR検査を受けて安心安全に渡航していきましょう

JAL PCR検査

結論、ワクチンを接種してもコロナに掛からないとは限らないと思いますので、感染者の多い地域に行く場合は、事前事後の2回PCR検査を受けておくことが良さそうです。

私自身も、JALグローバルクラブの修行を終えてからはなるべく不用意な外出は避けております。

ただ、もし外出したい、飛行機に乗ってどこかに行きたいとなった場合は、PCR検査のサービスも利用しながら旅行したいと思います。