LIFE STYLE

人には言えないJGC修行、伊丹⇄但馬タッチ編

JGC但馬

JGC(JALグローバルクラブ)を目指すために、回数修行を選択するのか、マイルでFOP(FLY ONポイント)を貯めてJGCになるか悩む人もいるかと思います。

私はFOP(FLY ONポイント)ではなく回数修行を選択して、いかに1フライトにかける金額を安くするのかを考えながら行動しているマイル修行僧です。

JGC但馬

その中で、よく使っている伊丹⇄但馬の往復は必ず片道1万円以下でチケットも取れるので重宝しております。

ただ、この但馬空港は霧がかかって着陸ができなかったりすることも意外とありました。

そのときに回数をつけてもらえれば、返金をしてもらわなくても良かったのですが、JALの対応はさすがで、搭乗した飛行機が着陸ができずに引き返した場合は、どんな理由があっても返金をすると言う体制になっているのです。

ちなみに日帰りで伊丹から回数修行をする場合は、伊丹⇄出雲を挟んで最高6フライト(6レグ)が可能です。

回数修行で伊丹⇄但馬を使おうと思っている方にわかりやすく但馬の特徴をお伝えしながら修行のイメージを掴んでいただけたらと思います!

JGC獲得に向け但馬タッチ!

JGC(JALグローバルクラブ)獲得に向けて、回数修行を選んだときのおすすめのエリアとしては伊丹⇄但馬です。

JGC但馬

伊丹⇄但馬に関しては、大体どのタイミングでチケットを購入しても片道7,000円〜9,000円の幅で購入可能です。

そして、

伊丹⇨但馬 午前9時-9時半
但馬⇨伊丹 午前10時-10時半
伊丹⇨但馬 午後17時-17時半
但馬⇨伊丹 午後18時-18時半

と1日4フライト(レグ)が可能です。

この4フライトで終わらせるのもありですが、その場合はカードラウンジ(ラウンジオーサカ)を利用して、勉強するなり、仕事するなり、本を読むなりしながら過ごしましょう。

三越伊勢丹カードのゴールド、エポスカードのゴールドなどを持っていれば入れますので、まだJGCに入っていない場合は、こちらでソフトドリンクを飲みながらゆっくり過ごすことがおすすめです。

身体が疲れているようでしたら、マッサージも空港の中にありますので、1時間程度マッサージに行くことも良いかと。

Queensway Light / Q’sボディケアと言うところに私は先日行ってきまして、大体1時間9千円程度だったと思います。

ただ、この昼から次のフライトの17時までの時間も修行をしたいと思うストイックな方は、伊丹⇄出雲が日によっては往復することができます。

12月は伊丹⇄出雲の価格が高くなっているので、伊丹⇄出雲をJGC修行のメニューに入れたい場合は11月までのチケットで往復することが必須です。

伊丹⇄出雲の価格帯としては、だいたい9,000円〜14,000円の幅になります。

ですので、伊丹⇄但馬含めて伊丹起点で回数修行を行う場合は、下記がマックスプランになります。

伊丹⇨但馬 午前9時-9時半
但馬⇨伊丹 午前10時-10時半
伊丹⇨出雲 午後14時半-15時15分
出雲⇨伊丹 午後15時45分-16時半
伊丹⇨但馬 午後17時-17時半
但馬⇨伊丹 午後18時-18時半

12月は出雲の便が増えたりと時期によって変動はあるかと思いますので、もしかしたら更に本気を出せば6フライト(レグ)どころか8フライト(レグ)も可能かもしれません。

だいたい全工程で5万前後ぐらいはかかるかと思います。

但馬は霧の街?JGC修行で伊丹⇄但馬を使う場合の注意点

JGC但馬

JGC(JALグローバルクラブ)ですが、回数修行の場合は50回の搭乗でサファイアのステータスになり、入会が可能になります。

伊丹⇄但馬を繰り返し、土日の暇な時間を使って飛行機に乗ればいいだけかと、まだJGC修行をされていない方は思うかもしれません。

意外とこれは飛行機が好きだと思う人でも、プロペラ機の座席の狭さ、揺れ、降りても観光がほぼできないとなると身体が結構疲れます。

ぜひ、気の合う友人、彼氏、彼女、奥様、旦那様と一緒に行くことがいいのでは?と思うのですが喧嘩の原因にもなりますので、やはり1人で修行はすべきかもと思ったりします。

ちなみに私は1日6フライト(レグ)が身体としては限界かなと思いました。

JALのホッピングツアーですと1泊2日で16フライト(レグ)が組まれておりますが、かなり体力がいるかと思われます。

その他、身体のしんどさの他に、実はコウノトリ但馬空港は山の上にあるため天候不良で着陸できないこともしばしばあります。

そもそもコウノトリ但馬空港がある兵庫県豊岡市は霧のまちと呼ばれるくらい霧の発生率が高いです。

私も実は朝の霧の発生により伊丹空港から飛行機は出たものの、結果としてコウノトリ但馬空港には着陸できず旋回をして伊丹まで戻ってくることがありました。

その時のJALさんの対応としては、返金対応になります。もちろん私の場合は、往復チケットで伊丹⇄但馬を予約していたので全額払い戻しになりました。

その時に、お金を払えば搭乗回数の加算はできないか?とお聞きしたのですが一律返金対応になると言うことでしたので、さすがJALさんと言ったところでしょうか。

イレギュラーに返金対応をしない代わりに搭乗回数、FOPを付与することを認めてしまうと、お金を出せばなんでもアリになってしまいますしね。

と言うことですので、豆知識として押さえつつ伊丹⇄但馬も天候を気にしながらフライトに臨む気持ちは必要ですので、その点理解しながらJGC修行を続けて行きましょう!